産み分けの悩み・産み分けの知識
女の子を産める本

中国の産み分け

中国式産み分けカレンダーをご存知でしょうか?

中国式産み分けカレンダーとはとは、13世紀に中国の科学者が、中国王朝の宮中における男女の出生記録の統計をもとに製作した表らしいのですが、科学者が作ったとされる割には科学的な根拠は全くありません。

統計での確率論となるのでしょうか。


しかし、この中国式産み分けカレンダーであなどれない数字というのが、このカレンダーの的中率が中国人だと99%、アジア人90%、そしてアメリカ人だと85%だということです。

マジですか…。( ̄□ ̄;)


これだけの成功率を誇る中国式産み分けカレンダーですが、やはり占い程度の感覚で試してみるのがよろしいかと思いますが、興味のある方は是非ご覧になってみてください。

http://www.geocities.co.jp/SweetHome/8039/baby_hyo.html


このカレンダーの見方などはこちらのサイトで詳しく説明されているので、そちらを参考にしてくださいね。

丸投げのようになってしまい、ごめんなさい。<(_ _)>


産み分けの悩み・産み分けの知識

日本で産み分けを希望している夫婦とは違い、中国ではもっと深刻な問題としてこの産み分けは考えられています。

中国では1979年から一人っ子政策というものが実施されており、夫婦につき一人しか子供を持つことができません。

農家などはやはり働き手として腕力の強い男の子を希望する人が多く、せっかく妊娠しても、妊娠したのが女の子だと分かると中絶をしてしまう人が後を絶たないようです。

また男尊女卑という中国の文化もこの問題を後押ししているようです。

また、万が一子供を一人ではなく二人目、三人目と生んでしまった場合、その第二子、三子は戸籍をもらうことができず、教育や医療などの行政サービスを受けられないどころか、就職なども簡単にできないため、闇社会に流れたりする人が多いといわれています。

このように中国では、この状況下によって出産は日本とは比べ物にならないほど重要なものとされてしまっているんですね。

こんな状況で、産み分けというものが真剣に考えられないわけがありません。

こんな理由から中国の産み分け法から学ぶところも多いはずですので、実行するしないは個人の自由ですが、知識として覚えておくのは良いのではないでしょうか。


産み分けの悩み・産み分けの知識