産み分けの悩み・産み分けの知識
女の子を産める本

トップページ産み分けについて産み分けの結果…。

産み分けについて

産み分けを実施した結果、望んだ性別の赤ちゃんを授かることができなかった…。

だけど、どうしてもあきらめきれない!

もう一回チャレンジしよう!


こういった感じでもしかしたら、「妊娠したのに、その子供を生まない決断」をしてしまう人もいらっしゃるかもしれません。

産み分けを考える人には人それぞれ理由というものがあると思います。

それがどうしようもない理由の方もいれば、ただの自分の好みである方もいるでしょう。


外部の圧力などである特定の性別の赤ちゃんを産まなければならない方。

それは、どうしてもそうでなければならないのでしょうか?

自分がただちょっと強く思い込みすぎていたという可能性はありませんか?

思った性別でない赤ちゃんはそれだけで不幸になると本気で思いますか?

その圧力をかけてくる人は、その赤ちゃんよりも自分にとって本当に大事な人ですか?

一度深く自問自答してみてはいかがでしょうか。


自分の好みで産み分けを考えている方。

何故ご自分の赤ちゃんはその性別でなければならないのでしょうか?

もし希望通りの性別の赤ちゃんを授かったとしても、その子が自分の思い通りに行動してくれないときに、あなたはちゃんと愛を与えてあげることができますか?

あなた自身、現段階で親としてしっかりやれると断言できますか?


産み分けの悩み・産み分けの知識